f:id:narrow-gauge-shop:20170915225910j:plain

今までに"PECO フレキシブルレール 固定の仕方"、"PECOフレキシブルレールの切断方法 5つのコツ ~レールニッパーの使い方~"、"PECO フレキシブルレール フィーダー線の付け方"について書いてきましたが、ここではその手法を使ってエンドレスのミニレイアウトの作り方を解説していきます。もちろん使うのはPECOのフレキシブルレールです。初めてフレキシブルレールを使う方の参考になれば幸いです。

  • フレキシブルレールの使い方 ~PECOのフレキでミニレイアウトを作る~
    • 用意するもの
    • STEP 1 ベースにけがき線をひく
    • STEP 2 配線用の下穴をあける
      • レールをおいて位置を決める
    • STEP 3 フィーダー線をハンダ付けする
      • 先にジョイナーを付ける
    • STEP 4 レールを固定する
      • カーブを留めていく時のポイント
      • 固定ピンを押し込む時のコツ
      • 直線部分に変化をつけてみる
    • フレキシブルレールの接続
      • レールの切断
      • ジョイナーで接続 
    • エンドレス開通
      • 気をつけるポイント
      • いよいよ開通の儀
    • 枕木の追加
    • 最後の仕上げ
    • さいごに
      • お客様の素敵なレイアウト
      • 篠原模型のフレキシブルレールを使ったレイアウトベース

フレキシブルレールの使い方 ~PECOのフレキでミニレイアウトを作る~

用意するもの

f:id:narrow-gauge-shop:20170915230452j:plain

・ベース (4mmベニヤと2mmコルクを張り合わせたもの。サイズは約A3サイズ)
・PECO HOe用 SL-400 フレキシブルレール 2本
・PECO SL-310 金属ジョイナー
・PECO SL-14 レール固定ピン
・ピンバイス (2種類)
・ハンダコテ
・ヤニ入りハンダ
・XURON (ジューロン) レールニッパー
・ラジオペンチ
・ニッパー
・金ヤスリ
・フィーダー線 (赤/黒)

STEP 1 ベースにけがき線をひく

f:id:narrow-gauge-shop:20170915231247j:plain

まずはレールを敷きたい形にけがき線をひきます。私はいつも型紙を画鋲で留めてコンパス代わりにしています。今回は半径115mmの小判型のエンドレスでレールを敷きます。

STEP 2 配線用の下穴をあける

f:id:narrow-gauge-shop:20170915231641j:plain

給電用のフィーダー線を通すための下穴をあけます。太さ1mmくらいのピンバイスで少し穴を広げるように何回かグリグリすれば、一般的な配線は通ります。

レールをおいて位置を決める
f:id:narrow-gauge-shop:20170915232038j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170915232109j:plain

外側の穴はレールを置いて位置を決めます。この後の工程でジョイナーにフィーダー線をハンダ付けするのですが、私のやり方ではジョイナーの真下にフィーダー線が来るのでこのようにレールを置いてしっかり位置を決めることが重要になります。

STEP 3 フィーダー線をハンダ付けする

f:id:narrow-gauge-shop:20170915232902j:plain

レールを敷き終わったあとにジョイナーの横にハンダ付けする方法もありますが、私はジョイナーから真下に下ろしてフィーダー線を完全に隠すので先にハンダ付けしておきます。

先にジョイナーを付ける
f:id:narrow-gauge-shop:20170915233142j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170915234035j:plain

ジョイナーだけにハンダ付けしようとするとジョイナーが動いてしまいなかなかうまくできません。先にレールにジョイナーを付けてからハンダ付けすると安定するので作業が楽になります。詳細は下の記事を参考にしてください。

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

f:id:narrow-gauge-shop:20170915234149j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170915234157j:plain

ハンダ付けができたら先ほどあけた下穴にフィーダー線を通します。これで下準備が終わり次からはレールを固定していきます。

STEP 4 レールを固定する

f:id:narrow-gauge-shop:20170917002833j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170915235814j:plain

スタート位置はほぼ真ん中です。ベースの半分の位置にもけがき線をひいてあるので直線部分は線から115mmの位置に固定していきます。ピンを打っていく間隔はカーブの半径などにもよりますが、私はだいたい枕木4~5本間隔です。あとは状況に応じて適宜足します。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916172636j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916172645j:plain

わたしは0.4mmのピンバイスで下穴をあけてから固定ピンを差し込んでいます。ピンバイスが太すぎたり、下穴を貫通させてしまうとピンが緩くなりしっかり固定されないので注意が必要です。下穴は枕木を貫通させてベースのベニヤに少し刺さるくらいが良いでしょう。浅過ぎてもピンが入りにくいのでさじ加減は慣れるしかありません。

カーブを留めていく時のポイント

f:id:narrow-gauge-shop:20170916173427j:plain

直線部分を留めたらカーブに取り掛かりますが、画像のようにけがき線に沿って曲げておくと作業しやすくなります。曲げる時に一気にグイッとやってしまうと、揃っていたスタート部分の内レールと外レールが大幅にズレてしまうので注意が必要です。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916173801j:plain

このようにズレてしまいます。もちろんラジオペンチなどで引っ張れば直りますが、なかなかの力が要りますし、レールを傷つける可能性もあるのでできることならやりたくない修正です。極力ズレないようにするためには"曲がり始め"と"カーブの頂点あたり"を指でしっかり押さえて少しずつ曲げていくことです。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916174252j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916174304j:plain

わかりずらいですが、画像のようにレールを指で抑えてゆっくり曲げるとズレは最小限に抑えられます。

固定ピンを押し込む時のコツ

f:id:narrow-gauge-shop:20170916175714j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170916174753j:plain

下穴をあけたらピンを刺して最後はラジオペンチなどで掴んで押し込みますが、その時のコツと注意点です。画像のように手でレールがずれないように押さえて、自分の指をガイドにしてラジオペンチを指に沿わせるようにして押し込むのがコツです。その際にできるだけピンの根本部分を掴むのもポイントです。

~失敗例~

f:id:narrow-gauge-shop:20170916180437j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916180612j:plain

下穴をあけてるとはいえ最後に押し込む時にはそれなりに力がいります。画像のように手を添えないでやった場合によくなるのがこんな感じです。力がしっかり真下にかからずピンが歪んでしまいました。下穴が浅過ぎてもよくこうなりますので、何回か力を入れてズブッと入らなければ下穴をもう少し深めにしてみましょう。

直線部分に変化をつけてみる

f:id:narrow-gauge-shop:20170916181302j:plain

最初のカーブが終わり反対側の直線部分になります。普通のエンドレスでは芸がないので反対側にはちょっと変化をつけたいと思います。画鋲が刺さっている位置が直線部分の真ん中ですが、ここを少しだけ内側に入れてひょうたん型にします。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916183227j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916183240j:plain

真上から見るとたいした変化に見えませんが、目線を落としてみるとしっかり変化がついているのがわかります。A3サイズくらいだと直線部分が短いのであまり変化をつけすぎると車両が脱線する可能性があるのでこの程度にしておいた方が無難です。

フレキシブルレールの接続

f:id:narrow-gauge-shop:20170916184553j:plain

A3サイズで半径115mmで敷いていくと1本では足りないので途中でレールを足す必要があります。ポイントはどこで接続するかになりますが、わかりやすいように画像に①~③の番号を付けました。画鋲はカーブの始まる箇所です。正解というわけではないですが、私は③で接続します。理由は以下の通りです。

①→1本のレールを最大限使えますが、接続箇所がカーブの部分で1番外への反発力が強いところです。

②→カーブの頂点で区切りも良く、一見反発力も弱そうに見えますが接続してみると意外とレールが外に開いたりします。

③→余りレールが無駄に見えますが、ひょうたん部分が終わり限りなく直線に近い部分です。接続箇所のセオリーとして、やむを得ない時以外はできるだけ直線部分で繋ぐというのを先達諸兄から学びました。

レールの切断

f:id:narrow-gauge-shop:20170916185655j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170916190711j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916190702j:plain

接続箇所を決めたら切断箇所に印をつけます。このままでは切断しにくいので留めた場所にスミつけしてから一旦固定ピンを抜きます。ここで横着をしてこのままの状態で切ろうとすると切り口が斜めになったり潰れたりします

f:id:narrow-gauge-shop:20170916191039j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916191050j:plain

切りやすいように枕木をひとつだけ取り除きました。切断する時はレールを少し浮かせて、レールニッパーの刃を垂直に入れるようにしましょう。細かいコツなどは下の記事にまとめてあります。

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

ジョイナーで接続 
f:id:narrow-gauge-shop:20170916215742j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916220011j:plain

先にジョイナーをどちらかに付けておくわけですが、"接続する方"のレールに付けることをおすすめします。まだどこにも固定されていないフリーの状態なので当たり前ですが・・・。半分くらいまでジョイナーを差し込んだらジョイナーとレールをしっかり掴んでスライドさせていきます。多少力を入れても入っていかない場合は、切断したレールの底がめくれている可能性があるので一度確認してみてください。ジョイナーとレールをしっかり掴んでスライドさせないとジョイナーだけが"接続される方"に差し込まれて、"接続する方"のレールからはずれてしまうので気をつけてください。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916220714j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916220723j:plain

接続箇所に隙間もなく綺麗にできました。切断面が斜めになっていたり潰れてしまっていると隙間ができて脱線の原因になったり、ここを通過する時だけガタッと音がするようになったりします。

エンドレス開通

f:id:narrow-gauge-shop:20170916221140j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916221520j:plain

最後のカーブも終わったらあとは"開通の儀"です。要領は先ほどと同じですが、気をつけるポイントがあるのでご紹介します。まずは右の画像のように少し余裕を持ってレールをカットして邪魔になる枕木をひとつ取り除きます。この時のカットはそんなに神経質になる必要はありません。

気をつけるポイント
f:id:narrow-gauge-shop:20170916222358j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916222408j:plain

画像のようにレールを合わせて切断箇所にスミをつけてカットしますが、この時に確認するポイントが二つあります。

①スタート時に固定したレールの内側と外側が揃っているか。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916222836j:plain

揃っていなくてもカットする方を合わせれば問題はありませんが見栄えが悪くなります。私は必ずここを揃えるようにしています。

②先ほど接続した箇所が離れていないか。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916223337j:plain

ここはかなり重要です。接続したあとに最後のカーブを固定しますが、接続した直後は隙間がなくても、作業を進めるうちに微妙に隙間が空いてくることがあります。これに気づかずに切断箇所を決めてカットしてしまうと、せっかく開通しても隙間が残ったままになってしまいます。"開通の儀"の時の切断箇所を決める時は必ず確認するようにしましょう。

いよいよ開通の儀

f:id:narrow-gauge-shop:20170916224417j:plain

一番初めにフィーダー線をハンダ付けしたジョイナーを付けているので差し込むだけです。しかし隙間が出ないようにピッタリの長さでカットしているので、画像の位置くらいまで一旦固定ピンをはずします。レールが固定されていると接続しにくいからです。少し面倒ですが接続したあとに再度きっちり固定していきます。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916225131j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916225139j:plain

無事に開通しました。こちらの接続箇所も隙間がなく綺麗にできています。

枕木の追加

f:id:narrow-gauge-shop:20170916231748j:plain

接続する時にやりやすいようにひとつずつ枕木を取り除いたと思いますが、そのままでは間隔が空きすぎて不自然なので追加します。私のやり方は枕木を画像のように三分割にして接着剤で留めるやり方です。赤丸で囲んであるレールを受けていた部分をカッターで削いでしまってレールの下に滑り込ませるのも良いと思うのですが、それだと犬釘の表現がなくなってしまうので今のやり方に変えました。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916233427j:plain

f:id:narrow-gauge-shop:20170916232159j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916232210j:plain

三分割にして接着剤で留めた部分です。いかがでしょうか。他の枕木と比べても違和感がないと思います。

最後の仕上げ

f:id:narrow-gauge-shop:20170916232446j:plain

最後の仕上げはベースの裏側に出た固定ピンをカットして綺麗にすることです。ベースは4mmベニヤと2mmコルクで計6mm、固定ピンは14mmあるので当然飛び出します。このままでも表のレイアウトに問題はないですが、うっかり手に刺さったりして危ないです。1本ずつニッパーでカットして金ヤスリと紙ヤスリで仕上げます。

f:id:narrow-gauge-shop:20170916232931j:plain
f:id:narrow-gauge-shop:20170916232942j:plain

ニッパーでカットしただけだとどうしても引っかかる部分が残るので、面倒でも紙ヤスリはともかくとしても金ヤスリはかけておいた方が良いと思います。私はレイアウトベースを商品として販売しているので、レールを敷く部分は当然ですが、こういう細かい部分にも細心の注意をはらっています。

さいごに

f:id:narrow-gauge-shop:20170916233823j:plain

私の場合は住宅リフォーム用の羽目板で作った台枠にセットして、正面右側にコスミックさんのパワーパックかスピーカー端子を取り付けて完成となります。台枠がなくてもフィーダー線とパワーパックを繋げばすぐにお持ちの車両を走らせて遊ぶことができます。完成したあとの最初の試走の瞬間がいつもワクワクします。

これからご自身でレイアウトベースを作ってみようと思っている方や、いつもプランを壮大にし過ぎて途中で頓挫してしまう方。まずは今回のような卓上サイズのミニパイクから完成させてみてはいかがでしょうか。1番シンプルなエンドレスのレイアウトとはいえ、地面の作りこみやストラクチャーの配置など意外とやりがいがあると思います。別記事にて、当店のレイアウトベースをご購入していただいたお客様の素敵なレイアウトと、篠原模型さんのフレキシブルレールを使ったレイアウトベースもご紹介していますのでご覧ください。

お客様の素敵なレイアウト

narrow-gauge-shop.hatenablog.com

篠原模型のフレキシブルレールを使ったレイアウトベース

narrow-gauge-shop.hatenablog.com